面接のときに有効な転職理由とは?

スポンサーリンク

面接時に質問される転職理由について

転職をする時には、採用面接でいくつかの質問をされますが、多くの会社が面接で聞くのは、なぜ転職をすることに決めたかです。

 

もしも、転職の理由が人には言いづらいものだった場合、真実を話すことが果たしていい方向に転ぶものでしょうか?

 

もしも、言いにくいことを言ったとして、面接での評価は高くなるでしょうか?

 

働きづめの生活で疲れてしまったり、人間同士の軋轢に耐えられなかったりと、転職を決めた事情は様々です。

 

両親の介護のために、故郷に戻ってきたために仕事を探し直す必要がある人もいます。何らか形で働いていない限りは、お金を得ることができません。

 

どこでもいいから採用されたいということが本音だいう人もいますが、問題は、ありのままを面接の場で話すかどうかです。

 

前の仕事を退職した事情が、あまり前向きな理由ではなかった場合、また同じ理由で仕事をやめてしまうのではないかと、採用担当者が考える可能性があります。

 

子供のころからつきかたった仕事だからと、思ってもみないことを行って、面接官の好感度を稼ぐことは、正しい行動でしょうか?

 

心にもないことばかり言っていると、自分の発言が自分で把握しきれなくなったり、後でボロが出て評価が下がったりということがあります。

 

何も嘘をつかずとも、前向きな姿勢で起こったことを語ることができれば、企業の採用担当の人にいいイメージを持ってもらえます。

 

前職では、社内の人と折り合いがつかなかったという場合でも、仕事を変えることで働きやすい職場で自分の能力を試したいと言えばいいでしょう。

 

面接の時に、担当者に気に入ってもらえるような言葉を話すには、嘘を言うわけではないけれど、ものの表現を工夫するということが大事です。

スポンサーリンク

給料を理由に転職したいと考える場合

相応のバックボーンがあるからこそ、転職を志すものでしょう。転職をしようと決心した人は、改めて、どうして自分は仕事をやめることにしたのかを、きちんと考えてみることが重要です。

 

会社や取引先との人間関係や長い労働時間、なかなか取れない休日など、仕事を辞める理由を挙げるとキリがありません。

 

転職を決めた人の多くが、給与面に不満があって、仕事をやめているようです。人は、仕事をしたら、報酬を求めるものです。

 

一円もいらないから、仕事をしていたいという人は希有な存在です。ただし、給料以外に不満がないという職場なら、すぐにやめてしまうことは早計といえるかもしれません。

 

現在の日本は景気がいいとはいえませんので、求人の条件もあまりよくないものばかりなのです。

 

今の給料でやっていけないくらい暮らしはぎりぎりなのか、家計簿をちゃんと見直すところから始めてください。お金に困っているという人に限って、意外と無駄な出費が多いものです。

 

何にお金を使うかは、その家の考え方によって異なりますが、高すぎる出費があるなら、直す余地があるでしょう。

 

家計を確認してみて、生活に必要なお金がやはり足りていないと判断するなら、仕事を変えるのも一つの考え方です。

 

食生活や、生活リズムを変えたところ、今の働き方でも問題がないくらい、家計のやりくりが容易になっていることがあります。

スポンサーリンク

転職理由の上位にある残業の多さについて

転職を決断する理由は人によって違いますが、中でも大きなものが、残業時間が長いことがあるようです。

 

あまりにも残業が多いと体に負担がかかるだけでなく、仕事とプライベートの両立が出来なくなってしまいます。

 

いつもいつも残業だと、働く意欲もなくなりますし、体がいうことをきかなくなり、退職せざるをえなくなることもあります。

 

自分がこなさなければいけない仕事があれは、残業をすることで終わりきらない仕事をすることもあるでしょう。

 

残業をして、終わらない仕事を終わらせることは、働く上ではやむをえない部分もあるといえるでしょう。

 

仕事が終わっていないのに、時間になったから今日はここまでという日ばかりでは、いずれどこかにしわ寄せがきます。

 

しかし、あまりにも連日残業ばかりしなければいけなくなっていると、心身が疲れ果ててしまいます。

 

人手不足の問題で、一人一人の仕事量が多くなり、結果的に過度の残業や休日出勤によって仕事の遅れを取り返さなくてはならない事もしばしばあります。

 

毎日残業ばかりという生活に疲れ果てて、もっと休みがとれる仕事につきたいと思う人も大勢いるものです。

 

企業によっては、年俸制を導入することで、残業時間が給与に反映されないようにしているところや、残業も給料の一部に組み込むところもあります。

 

労働時間と、給料のバランスがとれていないという発想から、転職を志すという人も少なくありません。

 

転職を希望する動機として、多くの人が上げる事柄が、残業時間にもらっている給料が見合わないことがあります。

更新履歴